温泉地情報

全国の温泉地情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

温泉浴場を無料開放 「龍神温泉元湯」と「季楽里龍神」

温泉浴場を無料開放 「龍神温泉元湯」と「季楽里龍神」

 台風12号の影響で通行止めが続いている国道371号高野龍神スカイラインが22日に仮復旧するのを前に、和歌山県田辺市龍神村の観光関係者は観光客が戻ることに期待を寄せている。龍神村龍神の公衆浴場「龍神温泉元湯」と温泉宿泊施設「季楽里龍神」は20~23日の4日間、温泉浴場を無料で開放する。ただ、実際にどれだけ観光客が戻るかは未知数であるため、通常営業の再開を決めかねている観光施設もある。

 龍神村と高野山を結ぶ高野龍神スカイライン(約42キロ)は、台風12号の影響で土砂崩れや路肩の損壊が多数発生。1カ月以上にわたって全面通行止めの状態が続いた。復旧工事が進んだことから、龍神村方面から護摩壇山山頂付近までは7日から通行できるようになり、そこから高野山方面へも22日から通行できる見込みとなっている。

 スカイラインの他、国道311号や県道田辺龍神線など龍神村と市街地を結ぶ主要道路が寸断された状態が長く続いたことで、龍神村への観光客は激減。龍神温泉元湯によると、9月の利用客は前年の約15%、季楽里龍神も約22%にとどまったという。

 温泉浴場の無料開放は観光地としてのにぎわいを取り戻そうと、両施設の指定管理者と市が協議して企画した。入浴時間は龍神温泉元湯が午前7時~午後9時、季楽里龍神が午前11時~午後8時。いずれも通常は700円。スカイラインの仮復旧は当初20日の予定だったため、それに合わせて無料開放も20日からにした。仮復旧が22日になっても無料開放は20日から行う。

 龍神温泉元湯の指定管理者「龍神温泉元湯」の平岡照章社長は「今回の企画をきっかけに、温泉だけではなく、周辺の飲食店や観光施設など龍神村の観光全体の復興につながれば。スカイラインの紅葉を楽しんだ後、ゆっくりと温泉につかってほしい。地元の方にもぜひ入浴に来てほしい」と話している。

 一方で、観光客の激減で通常営業の再開のめどが立っていない観光施設もある。

 龍神村龍神の道の駅「龍神」(木族館)は現在、営業時間を1時間短縮。レストランは土日曜と祝日のみ営業している。木族館の久保正博店長は「スカイラインの復旧に期待しているが、実際はどれくらい客足が戻るかが未知数なので、通常営業の再開については慎重にならざるを得ない。しばらく様子を見てから判断したい」と話している。

 龍神村丹生ノ川にある「丹生ヤマセミの郷」の温泉館も、週末のみ営業しており、通常営業の再開のめどは立っていない。安達俊夫支配人は「通常営業したいのはやまやまだが、道路状況の悪化で客がほとんどなく、営業すればするほど赤字になってしまうのが現状。地域を活性化したいという強い思いで本年度から指定管理者を受けさせていただいたが、残念な思いでいっぱい」と話している。
紀伊民報 10月17日(月)16時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111017-00000004-agara-l30

早く元気になって欲しいですね☆

全国の温泉地温泉関連ニュース温泉浴場を無料開放 「龍神温泉元湯」と「季楽里龍神」



豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

「じゃらん」排除命令請求 公正取引委員会に国際観光旅館連盟方針

「じゃらん」排除命令請求 公正取引委員会に国際観光旅館連盟方針

 宿泊予約サイト「じゃらんnet」を運営するリクルートが、契約している国内の宿泊施設の「公式ページ」を無断で作成し、会員制交流サイト「フェイスブック」(FB)上に公開した問題で、国際観光旅館連盟近畿支部(事務局・大阪市中央区)は11日までに、独禁法違反の疑いがあるとして、弁護士を通して公正取引委員会に排除措置命令を求める方針を固めた。
 近畿支部によると、リクルートは7月、じゃらんのサイトへのリンクを張った宿泊施設の「公式ページ」をFB上で公開した。個々の施設が作った公式ページより検索上位になることが多く、閲覧者は意識せずにじゃらんのページから予約する可能性があるため、施設側は「じゃらんサイトに誘導し、手数料を得ようとしている」などと抗議した。
 リクルートは9月末までに「公式ページ」を全て削除した。ただ、契約の中の約款に「施設情報はほかのウエブサイトに提供できる」とあり、「正当な行為」としている。
 委託を受けた壇俊光弁護士は▽宿泊施設の許諾なく企業力を背景に一斉に「公式ページ」を作った▽施設は約款の細部まで協議をして契約を締結していない-と主張し「独禁法の優越的地位の乱用にあたる」としている。
 主要旅館が加盟する近畿支部の副支部長で旅館こうろ(京都市中京区)の北原茂樹社長は排除措置命令を求める理由を「放置すれば他の宿泊予約サイトも同じことをするかもしれない」と説明し、壇弁護士は「FBなどのソーシャルメディアでの情報発信は集客に結びつきやすい。企業力を背景に中小旅館の努力がつぶされてはいけない」と訴える。
 リクルートは「今後は、希望のあった旅館のみ作成する。連盟とは月1回程度の定例会を持ちたい」としている。
京都新聞 10月12日(水)8時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000000-kyt-l26

まあ当然でしょうね!
重大なマナー違反のみならず、、といったところでしょう!

全国の温泉地温泉関連ニュース「じゃらん」排除命令請求 公正取引委員会に国際観光旅館連盟方針




豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

前橋の天然温泉で「おっぱいリレー」-ピンクリボン月間で /群馬

前橋の天然温泉で「おっぱいリレー」-ピンクリボン月間で /群馬

 日帰り入浴施設「前橋荻窪温泉あいのやまの湯」(前橋市荻窪町、TEL 027-264-3030)で10月17日、全国の温泉施設で実施する「おっぱいリレー」がスタートする。(高崎前橋経済新聞)

 「おっぱいリレー」は人工乳房(池山メディカル社製)を温泉に入れた場合に変色や変形が起きるかどうかを試すため、人工乳房をバトンの代わりに全国92カ所の施設で実験するもの。

 あいのやまの湯のマネージャーの斉藤さんは「家族や友人に乳がんのために乳房の切除手術を受けた人がいる場合、『温泉に行こう』という言葉自体はばかられるもの。見た目には本物と区別か付かないような人工乳房もあるが、温泉成分の影響による変色や変形を心配する人もいる」と話す。

 「おっぱいツアー」で同人工乳房が変色・変形などの影響を受けなかった施設には、池山メディカルが認定証と「おっぱいフリーシール」を発行する。

 「当温泉が『おっぱいフリー』に認定された折りには、一人でも多くの方に気軽に温泉を楽しんでもらえるよう案内する」(斉藤さん)と力を込める。
みんなの経済新聞ネットワーク 10月12日(水)8時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000002-minkei-l10

そんなイベントがあったんですねw

全国の温泉地温泉関連ニュース前橋の天然温泉で「おっぱいリレー」-ピンクリボン月間で /群馬



豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

シカ肉:料理いかが 西村さん招き講習会--香美・べふ峡温泉 /高知

シカ肉:料理いかが 西村さん招き講習会--香美・べふ峡温泉 /高知

 農産物の食害などが問題になっているシカの駆除を促進しようと、香美市の地域雇用創造協議会は5日、べふ峡温泉(同市物部町)でシカ肉の食品開発に取り組む西村直子さんを講師に招き、シカ肉を使った簡単な家庭料理の講習会を開いた。
 香美市が地産品として推進するシカ肉の調理法を学び、地域の雇用に結びつけたいと、同協議会が企画。求職者やシカ肉を使った新たな事業を計画している約35人が参加した。
 講師の西村さんは、シカ肉をソーセージに加工し、ホットドッグにした「シカドッグ」を開発。今年5月にご当地B級グルメを競う「土佐の食1グランプリ」で優勝した。
 この日は、シカ肉のローストやシチュー、アボカドやキュウリと巻いたシカロールなどを調理した。西村さんは「ハチミツを入れると、コクや甘みが出る」などと調理のコツを伝授。参加者らはメモを取りながら、熱心に取り組んでいた。調理後の試食では「臭みもなく、柔らかい」と舌鼓を打っていた。
 シカ肉は脂肪分やコレステロールが少なく、カロリーも牛肉や豚肉の半分以下、鉄分は豚肉の10倍以上という。
 来年4月に喫茶店を開業してシカ肉を提供したいという高知市新屋敷2、潜水士、西岡和彦さん(53)は「シカ肉でスシができるなんて考えてもみなかった」と驚いた様子。西村さんは「シカ肉に興味を持ってもらえて何より。もっとシカ肉の良さが広まってほしい」と話した。【黄在龍】
毎日新聞 10月6日(木)16時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000288-mailo-l39

鹿肉は旅館などで食べた記憶はありますが、自宅ではスーパーで豚肉や鶏肉でも買ったほうが安くて手軽ですから、なじみはありませんが、、、

全国の温泉地温泉関連ニュースシカ肉:料理いかが 西村さん招き講習会--香美・べふ峡温泉 /高知



豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

原発風評で土湯温泉ピンチ 一般客激減、5軒が廃業 福島

原発風評で土湯温泉ピンチ 一般客激減、5軒が廃業 福島

 1000年以上の歴史を持つ福島市の土湯温泉は、福島第1原発事故の風評被害で一般客の入り込みが激減し、苦境に立たされている。9月に入ってからは旅館・ホテル3軒が相次いで営業を停止。地震被害で再開を断念した施設2軒と合わせ、22軒のうち5軒が廃業する非常事態となっている。即効性のある打開策が見えない中、街の再生へ知恵を寄せ合う動きも出始めている。

◎電話で「放射能は?」
 3連休中日の24日。秋晴れにもかかわらず、温泉街は閑散としていた。廃業した老舗旅館の玄関には、自己破産の申し立てを告知する張り紙が出され、自動ドアの向こうには、枯れた鉢植えが並んでいた。
 土湯温泉観光協会によると、23~25日の3連休の人出は例年の4割程度。ことし4~7月の宿泊者はさらに少なく、前年の約3割に当たる約2万7700人にとどまった。
 土湯女将(おかみ)会副会長で、旅館「山根屋」おかみの渡辺啓子さん(56)は「問い合わせを頂くお客さまが皆、『放射能はどのくらいか』と聞いてくる」と嘆く。
 福島市の計測によると土湯温泉地区の放射線量は市内有数の低さで、9月下旬は毎時0.15マイクロシーベルト程度で推移する。渡辺さんは「これまで通りのもてなしで、土湯は安全だと口コミで広げてもらうしかない」と望みをつなぐが、持久戦は必至だ。
 観光協会によると、土湯の宿泊施設は2次避難所として、ピーク時で約1000人の被災者を収容。1泊3食で1人当たり5000円が県から支払われ、営業の継続を支える役割を果たした。

◎仮設入居で引き揚げ
 しかし、8月中に仮設住宅などへの入居が一気に進んだことから、2次避難者は現在、温泉街全体で十数人に減少。被災者の生活再建と自立に向けた動きとはいえ、深刻な風評被害に苦しむ旅館・ホテルは、収入の見通しが立たなくなった。
 自力で営業を続ける旅館・ホテルもツアー客が見込めず、苦境に立つ。約70室の山水荘は8月の売上高が前年の約6割にとどまった。紅葉が見ごろの10~11月も「半分程度」と見込む。
 原発事故が観光業に与えた風評被害に対し、東京電力は21日、損害賠償の算定基準を示したが、前年に比べた減収分の2割は賠償の対象外とされた上、支払いは10月以降。国の支援策の内容も依然不透明だ。
 町内会などでつくる住民組織「自治振興協議会」は10月、「土湯温泉町復興再生協議会」を発足させる。廃業した旅館の従業員寮などを放射線量の高い地域の住民の避難先に活用するといったアイデアを練るという。自治振興協議会の委員でもある土湯温泉観光協会の渡辺和裕会長(61)=山水荘社長=は「地域再生を住民全体で考えたい」と話している。
(安達孝太郎)
河北新報 9月26日(月)6時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000008-khks-l07

これはだけど温泉に行かない人を責められませんね!

全国の温泉地温泉関連ニュース原発風評で土湯温泉ピンチ 一般客激減、5軒が廃業 福島



豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

« Prev|Top|Next »

HOME

温泉GOGO!

Author:温泉GOGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。