温泉地情報

全国の温泉地情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

タデ原湿原:8月オープン長者原の温泉郷、景観壊す? 「守る会」で緊急動議 /大分

タデ原湿原:8月オープン長者原の温泉郷、景観壊す? 「守る会」で緊急動議 /大分

 “九州の屋根”くじゅうの自然を半世紀にわたり守ってきた九重町の自然保護団体「九重の自然を守る会」は19日、九重町長者原のホテルで発足50周年記念総会を開催。席上、ラムサール条約登録湿地「タデ原湿原」の隣接地に計画中の大規模温泉郷開発計画について、会員から「ほとんど地元に説明がないまま8月に一部オープンする。景観保全、動植物の生態系保護などの面で問題がないか」と緊急動議が出た。国立公園内にあり、今後論議を呼びそうだ。【楢原義則】
 問題として取り上げられたのは、ディスカウントスーパーを展開するトライアルカンパニー(福岡市)の「トライアル長者原温泉郷」計画。
 08年に閉館したホテル(約20万5000平方メートル)を買収し、温泉リゾート事業への新規参入を計画。発表では第1期計画として格安料金の「虎之湯」(34室)、ぜいたくに自然を味わえる「久織亭(くおりてい)」(9室)の2宿泊施設とレストランを8月3日に開業。さらに、14年の第3期終了時点で宿泊収容人数395人を目指すという。
 これに対し、総会では「既に施設がタデ原に面した斜面に建ち始め、景観をぶち壊している」「排水、ゴミなど、自然破壊につながりかねない」「一部の森林が無秩序に伐採されている」などの指摘が相次いだ。高橋裕二郎副会長は「一番の問題は、地元にろくに説明がないこと。昨秋、守る会に説明に来たときは『従業員の研修施設』ということだったが話が全く違う」と不信感あらわ。
 自然公園法などの許可を得ているが、環境省くじゅう自然保護官事務所の山本豊保護官は「長者原だけでなく町民への説明会を開くよう何度も連絡したが誠意が感じられない」と怒り顔。坂本和昭町長は「県や環境省とも協議し、至急対処したい」。
 トライアル本社は本紙の取材に「担当者と連絡がとれない」とこの日は無回答だった。
毎日新聞 6月20日(月)13時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110620-00000190-mailo-l44

原発同様、地域振興とのトレードオフ問題に直面しているようですね!

全国の温泉地温泉関連ニュースタデ原湿原:8月オープン長者原の温泉郷、景観壊す? 「守る会」で緊急動議 /大分

関連記事


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

« 道後温泉:「第3の外湯」、太子の湯で飛鳥イメージ まちづくり推進協が素案 /愛媛|Top|米沢八湯:白布温泉開湯700年祝う 新たな100年へ「地蔵」建立 /山形 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukemuri55.blog57.fc2.com/tb.php/339-46d06016

Top

HOME

温泉GOGO!

Author:温泉GOGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。