温泉地情報

全国の温泉地情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

【八ツ場ダム】川原湯温泉の老舗旅館「柏屋」が休業

八ツ場ダム川原湯温泉老舗旅館柏屋」が休業

 政府が建設中止を表明している八ツ場(やんば)ダム(長野原町)の水没予定地、川原湯温泉老舗旅館が今月での休業を決め、30日、最後の宿泊客を送り出した。代替地移転のめどが立たない中、老朽化した施設の全面改修にも踏み切れないことから継続営業を断念したという。将来の見えない日々が、温泉街をむしばむ。(時吉達也)

 江戸時代の創業と伝えられ、温泉街最大規模の収容人数約120人を誇る旅館「柏屋」。家庭的な雰囲気に人が集まったかつての人気宿も、現在は配水管から漏れた水が天井にいくつも染みをつくり、昭和50年代に設置されたエレベーター2基も、修理備品がまもなく底を尽く。

 同旅館会長の豊田治明さん(74)は「いつ移転になるか分からない状況で、数千万円かかる改修工事などできるはずがなかった」と振り返る。年間宿泊客数がピーク時の約1万5千人から3分の1以下まで減少する中、今年度末での休業を決断した。

 29日には、休業を知って駆けつけた6組約40人が宿泊。昭和30年代から通い続けているという会社役員の男性(88)は一夜明け、名物「栗入り赤飯」の朝食後、宿を後にした。「頻繁に利用していたので、宿を出るときのあいさつはいつも『いってらっしゃい』だった。今日はそう言ってくれなかったね」と寂しそうな表情を浮かべた。

 昨夏の衆院選後にダム建設中止方針が打ち出され、政権交代の象徴として全国の注目を浴びた八ツ場。だが、問題が長期化するにつれ、世間の関心は薄れる。昨年11月には月間入場者数が前年の年間入場者数を5千人以上も上回る2万9820人に達したダム広報センター「やんば館」も、今年1月にはその数が約5分の1まで減少。温泉街で食堂を営む水出耕一さん(55)は「1月からの売り上げは、過去最低だった昨年に比べても3割減」とため息をつく。

 柏屋は代替地で旅館を再開する方針だが、1月には国が県に対し、代替住宅地の生活道路となる「湖面1号橋」の建設凍結を示唆。今月18日にようやく建設継続の方針が表明されたが、ダム建設の成否だけでなく、生活再建策も不透明。新旅館の見通しは立たない。

 柏屋の休館で、ピーク時に約20軒あった川原湯の旅館は6軒となる。豊田さんは「老朽化に苦しむのはどこの旅館も一緒。このままでは、代替地に移転する前に温泉街の灯が消えてしまう」と訴えている。
3月31日7時56分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000003-san-l10

さびしいニュースですね。

全国の温泉地温泉関連ニュース【八ツ場ダム】川原湯温泉の老舗旅館「柏屋」が休業

関連記事


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

« 夜久野高原温泉が営業再開2年で10万人|Top|ペレットボイラー:エネルギー地産地消 県内初、但東・シルク温泉に設置 /兵庫 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukemuri55.blog57.fc2.com/tb.php/305-2e64e206

Top

HOME

温泉GOGO!

Author:温泉GOGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。