温泉地情報

全国の温泉地情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

自噴泉たびたび停止 湯崎漁港整備現場近くで

自噴泉たびたび停止 湯崎漁港整備現場近くで

 和歌山県白浜町が進めている湯崎漁港整備事業の現場に近い源泉のうち、自噴泉1本が1月に入ってたびたび停止していると、源泉を所有する温泉会社が町に通報していたことが分かった。停止を確認するたびに業者が空気を温泉井戸に送り込み、自噴を復活させている。事業を担当する町の農林水産課は「漁港整備に伴って設置した測定器のデータも参考にし、専門家に原因を調べてもらっている。近くまとまるはず」と話している。
 たびたび停止しているというのは、湯崎漁港と漁港沿いを通る県道との間に並ぶ自噴泉4本のうちの1本。温泉会社が町に提出した資料では、1~19日に 13回停止していた。温泉会社の従業員が巡回中に確認したという。すぐに自噴を復活させているため、町職員は停止状態を現認していない。
 同社によると、4本の源泉のうち1本は予備で、普段は3本を使用している。各源泉の湯は、源泉ごとに設置しているタンクを経由して同じ敷地内の混合貯湯タンクに集め、宿泊施設などにポンプで送られる。
 混合貯湯タンクから配湯できない状態になっているのを従業員が見つけ、調べたところ、毎回、同じ源泉が自噴していなかったという。そのため次第に混合タンクの水位が下がり、吸湯口からポンプに空気が入ってポンプが空回りする状態になり、湯が送れなくなった可能性が高いとみられている。

●専門家に調査依頼 
 自噴泉がたびたび停止していることについて、周辺の複数の温泉会社は「整備事業との因果関係はともかくとして、町に原因を早く究明してほしい」と求めている。
 同課は「昨年夏に掘った海底岩盤の部分と周辺は、1月の調査でも異常はなかったが、何度も自噴が止まっているとの報告を受けたので、専門家に聞いているところ」と話している。
 同整備事業では、防波堤(西防波堤)を50メートル延長するほか、漁港の東側と中央に長さ75メートルと30メートルの突堤を新設、さらに護岸を延長約 274メートルにわたって整備する。整備に伴い海底岩盤を掘削するため、町は「源泉に悪影響がないよう慎重に調査し、誠実に対処する」として温泉会社に工事への理解を求めていた。
 同課は、町が所有している漁港近くの源泉についても、水位などに変化がなかったかどうか調べている。
 漁港周辺では県道の拡幅工事も進行中で、地元は岩盤に振動を与えない工法を要望している。
 温泉関係者は「たびたび停止するのは自噴泉の末期症状。停止日数が徐々に増え、やがて措置を講じても自噴しなくなる。町は早急に原因を探り、万一の場合の対策を考えてほしい」と話している。
2月2日17時8分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000000-agara-l30

残念ですね

全国の温泉地温泉関連ニュース自噴泉たびたび停止 湯崎漁港整備現場近くで

関連記事


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

« わかさぎ温泉笠置いこいの館「存続する方向で検討」 笠置町長、今月中に再建案方針|Top|しずくいし温泉郷めぐり:町内の宿・施設に安価で日帰り入浴--来月から /岩手 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukemuri55.blog57.fc2.com/tb.php/261-f9a239fb

Top

HOME

温泉GOGO!

Author:温泉GOGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。